« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

あぶらだち。

つまり油断のことですが。

先週風邪ひきました。寒いです。痛いです。ダルイです。体中の水分がことごとく鼻汁に変わっている気がします。

引越してからというもの生活水準が先進国レベルに戻った(?)ので緊張感が弛みきってしまったのだと思います。寮時分は12月でも風呂上がりにエアコンなしで裸に毛布一枚で寝てしまっても何ともなかったのに・・・。今は風呂上りも湯冷めせぬうちに暖かくて清潔なふかふかベッドと軽くて気持ちイイ羽毛布団で寝ているのに風邪ひきました。

さて、することもなくただずっと寝ているとどういうわけか人間、いわゆる「よしなしごと」をあれこれと思い煩うようで・・・。

1、そろそろ名前が欲しい。何にでも化けられそうだからという都合のよい理由で「無名」という自己不在の名前でやってまいりました。しかし思うに、いつでも何にでもなれるというスタンスは「ギッチョバリア無限大」くらいに等しく卑怯な感じがしました。何よりも面白みが無い。アイデンティティの欠如というか・・・。

2、そろそろ車を新調しようかどうか。今の車は軽のマニュアルなので燃費がとてもイイです。14年前(ワンオーナーの中古)に誕生したのにリッター平均18キロという驚異的な好燃費車です。くわえてレトロ調な雰囲気が気に入ってるんですが、14年も手入れがされていない(走行と停止能力の為の最小限の努力を除き)とあちこちガタがきます・・・。まずマフラーが破れているため、外見のカワイらしさに似合わぬヤン車のような排気音がうるさいです。車検時にはマフラーを交換しないといけないようで5万円はかかるとのこと。ブレーキシャフトブーツは破れてるし、これも交換で2万円。バックランプも片目なのでこれも交換。前輪のブレーキディスクパッドも多分交換。手続きに必要な法定費用が5万円。今回の車検は軽く10万は越えることを思うとその10万円を購入時の手続き費用にして新しいのを・・・とも思うのです。

3、食費。朝の定食580円。オフィスでのドリンク150円。昼の給食弁当340円。夕方のおやつ200円。スポーツクラブでサプリメント300円。晩の定食700円・・・一日2千円超えの食費なんですが、休日の昼はもっと高いので一ヶ月で6万以上になります・・・一人で大家族スペシャルみたいな感じです。

こんなことを慮りながら寝続けた先週末でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

堕落。

先日待望の引越しを済ませました。一人で・・・21時開始の3時終わり。後日思いもしなかった問題が発生しました・・・。

まず部屋が広過ぎます。実家の小生の部屋は10畳なので今の8畳など広いはずなどないんですが、どうやら今までの寮生活がよほどこたえたのでしょう。寮ではきっと6畳(寮母さん情報)という怪しい広さにベッド、テーブル、震える冷蔵庫、掃除機、衣装ケース、ランドリーバスケットを置いたらもう足の踏み場もない状態でした。しかし今や、冷蔵庫などキッチンという特別空間の一部でしかない。家具も全て調和の取れたデザインのものが一式揃えられており、かつクローゼットなどの収納スペースが充実しているので8畳がまるまる使えるのです。部屋が狭いとの理由で衣装ケース分しか衣類を所有しなかった自分がまるでバカです。現在クローゼットがガラ空きなのでとりあえず毛布を突っ込んでみましたがそれでもまだ余裕があります。この余裕分こそがかつての息苦しさを表しておるようで見る度に悲しくなるのですが、同時に何かしらの自堕落な驕りも感ぜざるをえないのです。

そしてベッドがキレイで広い(セミダブル)。諸先輩方の汗とアカと血(何故?)と体液の染み込んだ埃まみれのお古のマットレスから一転、真っ白な低反発マットレス(自腹)になったのですから寝つきが悪いはずがありません。部屋の夕光色(掛川のレオパよりも蛍光灯が大きいためか2.5~3倍は明るい)も手伝ってホテル暮らしのような気分の毎日です。

それに大きなテレビがあります。久しぶりにテレビを見ました。学生時分は明らかに有害なほどにテレビをみてましたが、寮生活では逆に見なさ過ぎて有害なほどに社会音痴になってました。今なので正直に申し上げますと小生、福田氏が総理大臣になったのを2週間くらい知りませんでした。安倍元総理の辞任までは知っておりましたが、その後は全くで確か母君に教えてもらった記憶があります。母君はそんな小生を残念そうに心配しておりました。その調子で橋下弁護士の府知事当選なども知りませんでしたから、平成の浦島太郎になっていたように思います。学生時分に比べると鋭さのかけらもなく、ちょうど先が丸くなりすぎて何を書いてもボヤけてしまう鉛筆が如く小生の思考力は曖昧になっていたように思います。これからはニュースをみながら朝食がとれます。車で運転しながら食べていたことを思えば静かに座って、前や後ろや右を気にせず朝食がとれるこの当たり前がどれだけありがたいことか、諸兄には今一度ご想像いただきたい。くわえて自分の部屋でインターネットができます。今までは4キロ運転して3時間700円払って煙たいネットカフェから更新してました。今では大好きなYouTubeも時間を気にすることなく見られます(見まくってます)しグーグルマップで街を丹念に調べることができます。それでも家賃の個人負担は2000円・・・夢のようです。

挙げだしたらキリがありませんがもう少しのお付き合いを。シャワーの勢いが良く、何より暖かいお湯が出ます。引っ越して一番、いざ風呂に入らんとシャワーを浴びたその瞬間、ほとばしる湯どもの先端の先端のまさに先端の一滴が小生のウナジを濡らしたその瞬間に今までの心の緊張が解かれ、次いで止め処もなく小生のツムジをうつ湯どもの勢いと解放感とが相まって、感動のあまりあやうく泣きそうになりました。「火垂るの墓」をみても泣かないこの小生の目頭を熱くしたのは久方ぶりの湯でした・・・清太と節子の純情で力強く、健気で儚い兄弟愛にも勝るのは己のカワイさです。

最後に、キッチンがあって水が出ます。湯も沸かせます。ずっと食べたかったククレカレーとラ王を食べました。とてつもない贅沢をしている気がします。おそらく普通の生活者(学生時分の小生など)からすれば何でもないことなのでしょうが、小生にとってはひとつの大きな目的が達成されたのと同じような気がしてならないのです。

長くなりました。要するに、夢が叶ったような気になってしまい完全な腑抜けになりました。朝起きられません。起きる気がしません。夜眠くても寝る気がしません。起きてこの贅沢な余韻に浸っていたい。朝7時半に起きても徒歩5分ですから間に合います。でも7時半にも起きられない。正直3日連続8時半出社なのに遅刻しました。徒歩5分なのにです。でも反省してません。完全にダメ人間です。近くに700円でおかわり自由な定食が24時間食べられる食堂があります。車で10分でスポーツクラブに通えます。そこの一階には23時まで開いてるスーパーとドラッグストアがあります。部屋の向かいはコンビニです。今までとは全てが真逆に恵まれ過ぎているので、もう快適過ぎて人生の目的を見失っています。何もする気がおきません。こんな自堕落な気持ちがずっと続いているのです。平成の日本に洗濯板は必要ないのと同じような。もう戻れないというか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もういくつ寝ると・・・。

そう引越しです。

ひっこっし~♪ひっこ~し~♪さっさとひっこっし♪

というわけで今週は火曜の夜に一人で引越しをします。宵積み宵着、宵降ろしとタフなスケジュールですが通勤が片道5分になるのなら楽勝です。

長きにわたる苦労がほんの少し報われるような気がします。

まだまだ片づけをしないといけないのでこの辺でアディオス。

引っ越せばもうネットカフェで週末更新しなくても良いのもまた嬉しく思う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »