« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月

ヒサカタノヒカリノドケキナツノヒニ。

久しぶりである。もう誰も訪れぬのではないかと思われるほどに久しぶりである。

さて小生は本日午前のみ休暇をいただいて晴れて小牧市民になり免許まで更新してゴールドになり落ち着いたので近況報告。

通勤距離が往復50キロという、きっと信じてもらえないような生活をしております。朝は6時に寮を出ます。片道4車線の国道41号線を時速80キロでぶっとばし(距離12,5キロ、信号多し)、途中庄内川沿いの沿道(県道106号と59号・距離合わせて10,5キロ)をぬけて名古屋高速5号線下の片道3車線の県道に出てから2キロのところに職場があります。朝7時に出た日なぞは渋滞で遅刻です。面白いのは職場から200メートルのところにレオパがあるのに会社は借りてくれません。現在の寮を思うとカケレオ(掛川のレオパ)は楽園でした。

現在の寮を説明しますと、まず部屋には水道・キッチン・トイレ・風呂・テレビ・ネットの回線全てありません。唯の6畳間です。フローリングも不思議な傷で一杯です。冷蔵庫は一階に放置してあったのをパクリました。電源を入れたら震えてやがりますが一応は効いているので使っております。ベッドは隣の空き室からパクリました。マットレスはカラフルなシミだらけです。白に黄色、茶色にオレンジ、赤、黒、・・・・・加えてところどころ体毛が絡まり、なおのことジャングルです。それでもそれしかないと人間は適応するようです。風呂は一階に大浴場。平日しか湯船に湯がはられません。シャワーの勢いときたら年寄りの小便がごとくゆるいので長髪だと洗髪できません。なので当分ボーズでしょう。ボイラーもやられてるらしく50℃に設定しても水が出ます。運が良ければお湯が出ますが。食堂が一階にありますがここが我が寮一番の名所。大きな冷蔵庫が一台あるのですが誰も使っておらず開けたら液状化したチーズと得たいの知れぬ料理が一皿。野菜室にはにんにくの瓶詰めが凍っておりました。厨房のガス台はプロ用なのかしらん業務用フライパンしかおけぬほどの巨大コンロが3基。そして何より臭い。ゴキブリホイホイの餌の匂いが充満しております。バイオハザードで見たような光景です。勿論食事は朝昼晩てめぇで何とかしろ制なので寮生は皆外食、連日セレブです。幸い近辺に飲食店が多いので助かっておりますが馬鹿みたいに金がとんでいきます。

本配属にあたり不満だらけ(仕事も)なので言いたいことも山ほどあるのですが山ほど言ったところで始まらぬのでこの生活を楽しみたいと思います。既に楽しみ始めている部分もありますから。今まで当たり前に存在していたものが消えていき、かつてのそれに頼るのでなく自分で何とかしようと考えることで、素直に当たり前にある幸せに感謝できるようになってからは日に日に怖いものが無くなっていく今日この頃。

nariヘ。せっかくプロバイダ調べて貰ったのに申し訳ないけどネットカフェという手段を発見したのでこの方法で行くわ。フリードリンク付き、漫画喫茶、カラオケ、ビリヤード、映画が3時間1000円で楽しみ放題なので。

あと諸兄に。コメントしてくれてもネットカフェで更新するから返信が遅くなることを了承いただきたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いざ参る。

明日というか今日の昼に発ちます。

車で来い。寮に入る。ベッドはある。冷蔵庫はどっかの部屋に先輩のがあるからそれ。風呂は月曜と金曜に寮母さんが用意。飯はてめぇで何とかしろ。洗濯は知らん。とこんな感じのところです。愛知県は小牧市に住みつつ名古屋市中川区に通勤します・・・って遠っ!!

部屋に回線引いてインターネットができるようになるまでは休業します。

しばしアディオス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気まぐれ哲学。

12日の木曜日に研修も終わり、帰宅してからは名古屋へ発つまでの数日を実家でゆっくり過ごそうとスローライフを実践しておりました。

さて今回の研修なんですが、これもまたいつものように盛り上がったというか何というか。以前に触れたかどうか記憶しておりませんが小生の会社は同期の仲が良いんです。他社はどうか知りませんが、春の新入社員研修では同期と離れるのがイヤで泣いていた男(素面)もいるほどで・・・。しかしふと思うのです。これがいつまで続くのかしら?と。

別にもっと競争心をと言ってるわけではありません。いずれは管理職になる者(早くて10年後ですが)同士、少数のイスを巡るのにこの仲が柵にならないかと思うのです。何よりその10年後には70人の同期も半数以下になっておるでしょう。

今は楽しいのでしょう。現場実習での仕事も人事部お預かりという立場だったので周囲も優しく接してくれたり、3人の同期と行くものですからミスを互いにカバーし合えて責任は3分担できたりと、結局のところ実習生の誰一人として一人でひとつの仕事に責任を持って取り組んでいなかったんです。これからなんですな。小生も来年の今頃は辞めておるかもしれんのです。

小生は同期の皆が好きです。わざと灰汁の強いやつばかりを集めてるだろ?と言いたいくらい個性的な集団で、小生が学生時分に探しても会えなかった面々が多くてとても気に入ってるんです。

ただ注意していただきたいのは、彼ら一人一人の全部が全部好きなわけではないです。嫌いな部分も多々あります。小生も好かれるよりは嫌われておる部分の方が多いはずです。ただ思うに、キレイぶって生きる人生の何が面白いのでしょうか?人間というもの生まれもっての本能的な悪を持っておるはずです。それを出し合える関係こそが人間臭く生きておると思うんです。知らず知らずにその人間臭さを出しているのに当人は気付いておらずにキレイぶってるのもおりますがそれはそれで観察していて楽しいものです。ホントは汚いくせにキレイがってる愚かさ・・・しかしその愚かさを笑われたらそいつは激怒します。しかし怒るのは己でも滑稽と思うからでしょう。それでも滑稽になりたくないとそこでまたキレイぶるんです。しかし滑稽なものをバカにして笑うこの優越感という感情も既に人間の本能なんですな。滑稽な奴はどこまでも滑稽です。なのにその本能を認めずに生きておって、奴らは日頃何に感動するんでしょうか。肉体には生きてるのかもしれませんが精神的には死んでるのではないでしょうか。精神があるからこその人間なわけで。つまり生きながら死んでおるのです。

だからといって品性下劣なるのが良いと言ってるわけではありません。相手を慮ることなくただやみくもに己の思うままにして良いというのではなく、互いに持ち合わせる汚さを認め合える関係こそが美しいと言いたいんです。

一から百まで好きな人など存在しません。存在するという人はその人の全てを知らないだけです。嫌いな部分も含めて好きといえる愛情こそが本当の理解であると小生は思います。好きも嫌いも表裏の関係だから結局のところは己の器量次第なんですがね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

臨時休業。

明日から12日の木曜日まで研修なので更新しません。

しかし昨日と今日はタフだった。昨日の19:00~22:00まで先輩がお別れ会を兼ねた食事をごちそうしてくれた後、上司の家へ押しかけ0:00まで語り合う。00:40からは恒例の同期とカラオケ。朝6:00に帰宅、6:30まで風呂に入りその後寝る。9:00に起きて引越し荷物を4時間でまとめて13:00に約3ヶ月、我が庵となりて小生の生活を支えてくれたカケレオから退去。17:00に近江八幡着。18:00に感動スタジアムへ宮川氏を探しに行ってみたらホントにいたので驚く。19:00から両親とユーストアへ買い物。特に買うものなどなかった。20:30帰宅、風呂。そして今と・・・。明日の発表準備の原稿を今から書き直します。

ではしばしアディオス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だみゃあ。

サプライズなことに本配属が決まったみゃあ。どこかは言えんけどね。

そこは駄菓子の製造メーカーが多かったり、味噌好きだったり、味覚が悪い人が多かったり、とある車メーカーがボロ儲けしてたり、一説によるとあまりキレイでない女性が多い都市日本3位内に入るらしいみゃあ。ある方に言わせれば、大阪と東京の悪いところを集めたのがそこらしいんですな。

しかし小生は満足してます。先日出した希望通りなので不満はなしというところですな。これからしばらく(おそらく3年ちかく)はそこで暮らすことになりそうで。

引越しはこっちの支店の人が研修中に荷物を送っておいてくれるらしいから土曜の朝に発つ前に全部まとめねばならんので今夜中に荷物まとめねばならぬのが少々面倒である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近況。

7月になれば少々落ち着くかと思っていたけれど、6月よりも忙しい・・・。

現場実習を経ての成果発表(支店の概要・実習内容・その中で学んだこと・改善できる点とその効果)というものを7月8日から始まるフォローアップ研修で発表しなければいけないのであるが、その前に受け入れてくれた実習先の管理職の方々に発表しなければいけない。これが難しい。練れば練るほど自分たちの論理の穴に気付いてしまうのである。なのでなかなか進まない・・・その資料の作り込みに連日帰宅が遅くなっているのであるな。

もっとも本来であれば6月の29日に支店での発表予定であったのが管理職の方々の都合で7月の3日(今日)に延期になり、そしてまた昨日に今日の分が延期され明日の7月4日に発表という運びになったのでやればやるほど資料づくりが終われないというのが真実である。7日には研修の為に滋賀へ移動するのにどうしようかしらというのが今の現状である。別に困ってはいないが。

それよりも気になるのは未だに本配属先が分からないということである。二週間後には新しい職場で仕事を始めないといけないというのに、その職場も住むところもそこへの引越しの段取りなど全てが分からないのである。事務課に尋ねても「分からない」との返事のみ。噂ではそのフォローアップ研修後(7月13日)に発表とのことであるが7月16日付けで本配属になり17日からは仕事なので14、5日しか移動日が無いのですな。ちなみに小生の会社では本人に異動辞令が出されるのが1週間前というのも珍しくないのだとか。今の職場のある方(Hさん)は3日前だったそうで。しかしその出たとこ勝負感が入社後ますます気に入っているのも事実です。間際になって伝えるところなど小生の性格とよく似ているのですな。家庭科の調理実習でじゃがいもが必要だという旨を当日の朝に告げて隣宅からジャガイモを譲っていただいたことを思い出します。母君には恥をかかせるなと頭を数回叩れましたが小生の頭はそのジャガイモが如く硬くて固いので叩いた母君のやるせなさが残念でした。

ちなみに小生は本配属先の希望届けの記入要項を無視して、数字で順位をつける欄にイヤだという意味で×をつけました。この時点で猿かと思われましょうが、希望理由はもっと猿です。

1、寒いところはイヤだ。

2、天気が変わりやすいところもイヤだ。

3、滋賀は飽きたのでイヤだ。

4、スポーツクラブへ通いたいので田舎過ぎるところはイヤだ。

5、商事部門は物流事業ではないのでイヤだ。

上記以外なら何でも良い。

一見すると「お前は会社に遊びに来たのか?」と詰られそうであるが、気にしない気にしない。就職活動をするようになってから、あっちこっちで生活して巡り歩きたいと思ったのでこの会社を選んだと言っても良い部分もあるのだから。全国というわりに北を避けているのは、寒いところはもう少し生活力がついてから希望を出そうかと思っているからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »